「いきる」医師として働く。医師の転職・働き方の見直し総合サイト

「いきる」医師とは?仕事とQOLの向上を目指すために転職を考える

将来を見据えて「いきる」医師になる

医師の仕事に疲れを感じた経験はありませんか?
医師は様々な症状で悩む患者を救う立場であるとともに、一人の人間でもあります。
その役割上、仕事とプライベートの両立が難しく、悩むことも決して珍しくない職業と言えます。

しかし、医師の仕事を続けるのであれば現状を見直し、将来も見据えて「いきる」医師を目指すことが大切です。
QOLの向上が最も重要とも言えますが、「いきる」医師とはどんな医師なのでしょうか?
「いきる」医師になるには〇〇のスキルが必要!

医師としてやりがいを感じ医師として活き活きと働けているか

「いきる」医師は仕事に対してのやりがいを感じ、かつ活き活き働いている医師のことと言えます。
医師の仕事は、元々やりがいの大きな仕事の一つですが、誰もがやりがいを感じられるとは限りません。

その責任感の大きさに負担を感じたり、患者の症状と向き合うことに対して不安やプレッシャーを覚えることも珍しくはないのです。

負担やプレッシャーを感じてしまうと、活き活き働くことは非常に難しいと言えます。
仕事に対してのやりがいも感じにくいのではないでしょうか。

「いきる」医師には、こうしたやりがい・活力が求められます。
現在の状況を鑑みて、やりがいなどを感じられない方は注意が必要です。

医師である前に一人の人間として生活を大切に生きているか

また、前述の通り医師は一人の人間です。
時には仕事のことを忘れてゆっくり休んだり、プライベートを楽しむことも必要です。

「いきる」医師には、このように私生活を楽しむ余裕が求められると言えるでしょう。
オンとオフをしっかりと区切り、切り替えることも求められます。

働く診療科にもよりますが、医師は夜勤や当直、オンコールなどによって拘束される時間も長いのが実情です。
休日も体が休まらず、プライベートを楽しめない医師は決して少なくありません。
医師の仕事に追われてしまうと、このような状態になることも珍しくは無いのです。

一方で、仕事とプライベートを両立させている医師もいます。
現状を見直し、QOLを向上させることで両立を実現しているのです。
逆に仕事に追われる日々を感じているならば、現状をしっかりと見つめ直すことが必要になるでしょう。

どちらか欠けているなら転職という選択肢

医師の仕事に対するやりがいや、私生活の充実が医師にも求められます。
この2つが合わさることで「いきる」医師になれるのです。
もしどちらかが欠けていると感じた時は、医師求人サイトで転職を検討する余地があるでしょう。

安易な気持ちで医師求人を選ぶと、失敗してしまうリスクも少なからずあります。
しかし、現状に不満を感じているのであれば、転職も一つの選択肢になりうるのです。

医師の仕事にやりがいを感じられない方が、仮に今の職場で働き続けたとしても、今後状況が改善されるかは疑問が残ります。

ただし、今の自分に何が欠け、何に不満を持っているのかを考え、その上で転職が必要か判断することが重要です。
転職を成功させるためにも、一度じっくり検討してみることをおすすめします。