「いきる」医師として働く。医師の転職・働き方の見直し総合サイト

医師がキャリアアップするには?キャリアアップを前提とした転職方法

医師によってキャリアアップの方法は異なる

キャリアアップを目指すのであれば、しっかりとキャリアプランを練ることが重要です。
医師には様々なキャリアプランニングが考えられますが、開業を目指す場合と、大学医局、一般病院の3パターンに分けられます。

開業医の場合

まず開業医を目指すプランでは、しっかり医師の経験を積むとともに、経営者としての知識を身に付ける必要があります。
開業後は医師であるとともに、経営者でもあるためです。

患者の診察業務意外にも集客や宣伝、診療報酬を含めた売り上げや資金の管理など、考えなくてはいけないことが多数あります。
転職を行うなら開業を見据えた診療科を選び、同時に経営に関して自身で学ぶことが求められます。

大学医局の場合

大学医局では、様々な先進医療や症例を向き合うことが可能で、医療関係の人脈も築けます。
大学医局のキャリアプランは、一般の医局から助教、やがては教授と徐々にステップアップしていきます。

まず考えるべきは、大学医局が自分に適しているか判断することです。
次に数年後の自分の姿を思い描く必要があります。

大学医局で専門医を取得するプランや、医局から教授を目指さず、開業医を目指すプランも考えられますので、自身の将来の姿を思い描いてきましょう。

一般病院の場合

一般病院を軸としたキャリアアップは、医長から部長、院長へとステップアップするプランニングが一般的です。
その病院で長期に渡り勤務することになるため、転職時は病院選びが最も重要なファクターとなるでしょう。

なお、一般病院も規模によりキャリアアップに必要な期間が異なります。
年収も考慮すると大学・総合病院が最適ですが、ライバルも多いため実績を積み上げる必要があります。
もし将来は院長を目指すのであれば、数十年後を見据えて慎重に転職先を選びましょう。

医師転職サイトの活用がおすすめ

いずれにせよ、キャリアアップを目指すなら転職先選びが重要です。
しかし、自分に適した職場は簡単に見つけられませんので、医師の転職サイトを活用してみると良いでしょう。

医師の転職サイトは様々なサポートを受けることが可能です。
キャリアコンサルティングや求人の斡旋サービスもありますので、転職をするのであればぜひ利用するべきです。

自分一人で転職活動をするより効率も良くなりますし、転職を成功させる確率を上げられます。

設備や症例などが明記されているため自由に広い視野で選べる

医師転職サイトに掲載されている各種求人には、給与や手当・待遇などの他に、その医療機関の設備や主な症例も明記されています。
特にスキルを磨きたい方にとって設備などは重要性が高いため、医師転職サイトを活用することが望ましいと言えるでしょう。

また、各種求人を見ながら様々な視点で選べるようになります。
何を重視するかは個々のキャリアプランによるものの、自分にとってのメリットを考慮しながら選べることが医師転職サイトの強みです。

医師専門の転職サイトを使った方が良い

ただし、医師の求人は通常の転職サイトを使ってもメリットは大きくありません。
必ず医師専門の転職サイトを使いましょう。

医師の豊富な求人を取り扱っている上、各種サービスも医師に特化しています。
通常の転職サイトにはない強みとりますし、医師の転職活動における心強い味方となってくれるでしょう。

開業医になりたい場合は医療以外の経営知識も必要

一方で、開業医を目指すのであれば開業を見据えた診療科に決めることが必要ですが、以下の点に注意して選んでみましょう。

・開業資金を貯められるか
・開業の予定地に近いか

 

開業の際に資金が必要です。
土地の購入費用や建物の建設費はもちろん必要になりますし、設備の導入費用や人件費なども用意しなくてはいけません。
開業に向けての資金を貯めることも大切ですので、年収も重視して転職先を選びましょう。

また、予定地付近の職場を選ぶことも重要です。
仕事を通じて周辺エリアの競合や患者のニーズをリサーチできる上、開業に適しているか判断できるからです。

ただし、職場で公然と行うと信頼性を失いかねませんので、日々の業務の傍らでチェックしましょう。

キャリアプランを思い描くことが大切

転職はキャリアップする際の有力な選択肢となりますが、転職を決断する前にキャリアプランを思い描くことが大切です。

開業医や大学医局など、様々なパターンがありますので、数年後・数十年後に自分がどうなりたいかじっくり考えてみましょう。

キャリアで悩んだ時は転職サイトの利用をおすすめします。
キャリアコンサルタントにアドバイスを貰えますので、迷ったら相談してみましょう。

コメントは受け付けていません。