「いきる」医師として働く。医師の転職・働き方の見直し総合サイト

医師の転職方法とその選択肢まとめ

医師の転職は転職方法がカギを握る

転職は決意が重要ですが、それ以上に大切なものが転職方法です。
医師の転職では複数の手段が考えられますが、転職前にどの方法を選ぶか判断する必要があります。

自分に適した転職方法を選ぶことが成否を分けると言っても過言ではありません。
では、どのような手段があるのでしょうか?

転職を検討する医師は、まず退局したい旨を早めに伝えよう

まず転職活動を始める前に、上司へ退局することを伝えなくてはいけません。
できる限り早いほうが望ましいですので、転職を決意した段階で退局の意向を伝えるようにしましょう。

転職活動を始めてから退局を伝えるのは望ましくありません。
人間関係が悪化する要因になりかねませんし、職場とのトラブルを抱えてしまうリスクも潜んでいます。

特に医師の場合、病院なども後任を探さなくてはいけませんから、円満退職するためにも伝えるタイミングが肝心です。

単に法的な面を考慮すると、退職届を出すのは数週間前でも問題はありませんが、円満退職に繋がるとは限りません。
引き継ぎや後任医師などのことを考えると、最低でも3ヶ月程度前には伝えることが望ましいでしょう。

具体的な医師の転職方法の選択肢

退局する意向を伝えたら、転職に向けた第一ステップがクリアしたと言えます。
次に考慮するべきものが転職方法ですが、大きく3つの手段に分けられます。

・転職サイトの利用
・医療機関への直接応募
・医療関係者の紹介による転職

 

現在ポピュラーな手段が転職サイトの活用です。
医師に特化したサイトもありますので、迷ったら転職サイトが最も良い手段と言えるでしょう。

2つ目の医療機関への直接応募は、自身で医師の募集がないか医療機関のサイトをチェックする方法です。
地域にある特定の医療機関で働きたい場合や、ある程度の目星がついている時に有用な手段となります。

そして3つ目の方法は、医療関係者や知り合いの医師に転職先を紹介してもらう方法です。
もし知り合いなどから紹介の話を持ちかけられた時は検討してみると良いでしょう。


【参照サイト】https://www.dr-10.com/  医師転職ドットコム

実績ある医師転職サイトを利用する

一番確実な転職方法が医師の転職サイトです。
医師専門または特化サイトを利用すれば、豊富な求人の中から探せます。
自分の好みの条件で探せますし、転職サイトによってはキャリアコンサルなどのサービスも利用できます。

転職サイトは多くの方におすすめの方法です。
勤務時間を始め、自分の条件に見合った職場を見つけられるため、転職の希望条件にこだわりを持つ方に適していると言えるでしょう。

医療機関のサイトから直接応募する

働きたいエリアが定まっている場合、医療機関のサイトを確認して直接応募する方法がおすすめです。
転職活動期間を短縮できるうえ、勤務条件などについても直接交渉できます。

ただし、応募先が自分の条件に合致しているとは限りません。
応募の際は必ず勤務条件や待遇をチェックしましょう。

また、常時募集されているとは限らないことにも注意が必要です。
タイミングが欠かせませんので、こまめに募集状況を見ておきましょう。

知り合いの医師からの紹介で転職する

知り合いの医師や医療関係者から転職先を紹介してもらう方法は、転職活動をほとんどせずに済むことが最大のメリットです。
場合によっては退職後すぐに働き始められます。
時間を掛けずに転職できますので、知り合いの紹介が可能なら検討する余地があります。

その反面、紹介がなければ転職できませんし、紹介された職場の勤務条件が自分に合っているとは限りません。
条件交渉をしてみるのも手ですが、もし合っていないと感じたら断る勇気も必要です。

知り合いの紹介はこうした欠点もありますので、他の転職方法と並行して話を進めるのが良いでしょう。

転職後の自分を思い描くこと

転職サイトの利用を始め、医師の転職方法は様々あります。
どの手段が適しているかは人それぞれですので、転職前から比較検討してみることをおすすめします。

しかし、どんな方法を選ぶにせよ、転職後のことを優先して考える必要があります。
医師の仕事を続けるなら充実した毎日を送ることが大切です。
数年後に自分はどうなりたいか、どんな生活を送りたいかを思い描いた上で転職先を選びましょう。

コメントは受け付けていません。