「いきる」医師として働く。医師の転職・働き方の見直し総合サイト

家庭を持つ医師必見。医師の家族に対する大切な考え方について

家庭を大切にしたいという考え方は十分な転職理由にもなる

医師が転職を決断する理由は様々です。
通常の転職理由と言うと、例えば年収アップやキャリアアップなどがありますが、家族との時間を確保したい・家族を大事にしたいといった考えも立派な転職理由となります。

医師はその職業柄、家族と触れ合う時間を確保しづらいのが実情です。
しかし、家族がいる方は大きなジレンマを感じるのではないでしょうか?
家族を大切にしたいが仕事が忙しく、時間が取れないケースは決して珍しくありません。

もし家族を大切にしたいと考え始めたら、転職する良い機会と言えるでしょう。
また、将来的にどんな働き方をしたいかじっくり考えるチャンスにもなります。

年収やキャリアも大切ですが、それと同時に家族との時間を確保できる働き方を検討してみましょう。

家庭と医師としての両立には当直・土日勤務の有無について第一に考えよう

特に医師の仕事と家庭を両立させる場合、勤務形態に関しても考慮する必要があります。
特に気を付けたいのが当直と土日勤務です。
医師は当直や土日勤務も珍しくはない職業ですが、家族のことを考えるなら慎重になるべきでしょう。

当直や土日勤務が多い職場では、家族と過ごす時間が減ってしまうおそれがあります。
土日に家族と触れ合う時間が少なくなるため、極力少ない転職先を選ぶか、当直・土日勤務なしの求人を優先して選ぶことも考慮しましょう。

オンコールは無いのが望ましい

診療科によりますが、転職時に考慮したいのがオンコールです。
夜間・休日でも常に対応できるよう待機が必要なため、たとえ家族と一緒に過ごしていても油断ができません。

抱えている患者の病状によっては、常にオンコールに気を取られてしまい、家族どころでは無くなる場合もあります。
家族を第一に考えるのであれば、オンコールが無い職場が望ましいと言えるでしょう。

内科系の医師なら外来診療のみのクリニックで働くという選択肢も

もし内科系の経験がある方は、外来診療のみのクリニックで働いてみてはいかがでしょうか。
年収が下がってしまう可能性こそありますが、クリニックは外来診療だけのところが多く、夜遅くまで勤務せずに済むのが強みです。

基本業務が外来のみとなりますので、定時で帰宅できることも珍しくありません。
家庭を持つ医師には魅力が多い選択肢です。

クリニックは特定の診療科に特化しているところも多いため、自身の知識や経験を活かしやすい転職先でもあります。

ただし、求人数は各地域ごとに差がありますし、募集自体が少ない場合もあります。
できれば転職サイトやエージェントを活用し、クリニックの求人を簡単に探せる環境を整えましょう。

QOLを重視した求人を選ぶ

家族を第一に考えるのであれば、QOLを重視して求人を選ぶことも重要です。
もし希望通りの求人が見当たらなければ、QOLを向上できる診療科への転科も検討の余地があります。医師がQOL向上を狙うには?

しかし、転科は経験が活かせる診療科を選ぶ必要があるため、一定のリスクも伴います。
自分と家族にとって何が大切かを考え、最適な手段を選びましょう。

コメントは受け付けていません。