「いきる」医師として働く。医師の転職・働き方の見直し総合サイト

医師としての将来を考える。医師のキャリアプランと考え方について

今の医師はスキルだけでなく、会話力も試される時代

現在は個々のライフスタイルが複雑になっているように、医師に求められるものも多様化しています。
単に患者を診察したり、薬を処方したりするだけではなく、個々の患者が求めるニーズを満たすことが求められています。

特に欠かせないのが患者とのコミュニケーションです。
患者にとって最良の選択肢を選べる医師が良い医師ですが、そのためには会話力が必要になります。

これから転職する場合、患者との会話力が試されると言っても良いでしょう。
そのため、転職活動では自身の会話力を活かしていくことも重要です。

医師のキャリアプランの考え方を確立することは転職やスキル向上に活きる

転職する際はキャリアプランを考えることも必要ですが、逆に曖昧なまま転職をする医師も少なくはありません。
しかしEPILOGIにも書かれているように、医師においてもキャリアプランは重要で、プランを立てることはムダにならないのです。

今後の転職活動に影響するのはもちろん、自身のスキル向上にも繋がります。
ただし、キャリアプランを練る際は現在の年齢や将来の希望キャリアを考慮することが重要です。

特に医師の場合、年齢によってプランの考え方が変わりますので、自身の年齢も重視するべきでしょう。

年齢別の医師のキャリアプランの考え方

医師のキャリアプランを年齢別に見ると、20代・30代・40代以上の3つに大別できます。
それぞれライフステージが異なるほか、医師としての経験や立場も異なっており、転職でのキャリアプランの考え方も変わります。
現在の年齢に合わせ、それぞれのプランを計画してみましょう。

20代のキャリアプラン

20代は、初期研修を終えて後期研修に入る段階と言えますが、まずは基礎的な知識と経験を磨き、将来へ向けた準備段階と捉えるべきです。
20代で転職することも一つの手段ですが、特に下記の点を意識して転職を決断する必要があります。

・後期研修で何を学ぶか
・現状で何が自分の強み(武器)を見つける
・将来進む道を明確にする

 

20代で転職を決断する方は比較的少なく、後期研修を通じて自身の知識・経験に磨きをかける方が多くなっています。

もし、20代で転職を行うのであれば、転職までの後期研修に何を学ぶかが重要な鍵となります。
また、現状で武器となるものを見つけ、将来進むべき道を明確にしましょう。

特に将来の道は今後の人生を大きく左右します。
将来的に開業医になるのか、それとも研究の道へ進むのかなど、自身の進路をしっかり決めておきましょう。

30代のキャリアプラン

30代は転職を決断する絶好の機会と言えます。
売り手市場でもある上、医療現場での経験も積み上げていることから、様々な選択肢が生まれてくる頃と言えるでしょう。
ただし、20代の頃と同様に以下の3つに注意してキャリアプランを考えましょう。

・将来は開業医か勤務医かハッキリさせる
・転科や他業種も視野に入れる
・自身のライフスタイルも考慮する

 

特に30代は大きな分かれ目となります。
将来的に開業医を目指すのか、勤務医として働くかを明確にしておかなければ、転職先選びに失敗するリスクがあります。

また、スキルアップなどを目指すなら転科も候補に入りますし、経験を活かしたいなら他業種も視野に入ります。
いずれにせよ、将来進むべき道を考えてキャリアプランを考えることが大切です。

30代になると、家庭を持つ医師も珍しくはなくなります。
そのため、仕事と家庭両立のためにライフスタイルも考慮して転科先を選ぶことも重要です。
特に将来も勤務医を続ける場合、転科や他業種も考える余地があります。

40代以上のキャリアプラン

転職において、40代以上の方は豊富な知識と臨床経験が大きな武器となります。
その一方で医局を離れるべきかという判断が必要であり、かつ体力面も考慮してキャリアプランを練らなくてはいけません。
40代以上の医師が転職する時は、以下のポイントを考える必要があります。

・開業・転職いずれかの判断は早めに行う
・将来も安定して働ける転職先を選ぶ
・転職後のポストを見込んで転職先を決める

 

40代以上は開業か転職を選ぶ最終判断を下す時期です。
もし開業医を目指すなら、開業を見据えて診療科や転職先を選ぶことが必要です。

開業せずに勤務医を続けるのであれば、将来的に安定して働ける職場を選びましょう。
体力的に厳しい場合は転科も候補に入ります。

また、40代以上の医師は重要ポストや役職を任されることも珍しくはありません。
転職する際は、こうしたポスト・役職を見据えて転職先を選ぶことも重要です。

なお、40代の方なら年収や安定性を重視したキャリアプランもおすすめですが、50代以上の方は体力面の問題もありますので、自身の価値観を重視した転職先選びが必要になります。

最終的なキャリアプランとして、ライフスタイルに重点を置いた転職も検討の余地があります。

年齢に応じたキャリアプランを立てましょう

医師のキャリアプランは経験や年齢によって様変わりします。
一般に転職は早いほど良いと言われますが、医師に関しては年代別にキャリアプランを立て、転職活動へ活かすことが重要です。

もちろん現在のライフステージを意識することも大切ですので、無理が生じないプランを立てましょう。

コメントは受け付けていません。