「いきる」医師として働く。医師の転職・働き方の見直し総合サイト

医師がQOL向上を狙うには?生活の質の向上を前提とした転職方法

医師は見落としがち。プライベートや家庭も大切にしよう

医師は仕事に時間を取られがちです。
オンコールなども考慮すると、プライベートの時間は取りにくいのが実情でしょう。

しかし、医師であってもプライベートや家庭は大事にする必要があります。
もちろん患者のことも大事ですが、自分だけの時間や家族との時間を大切にすることも忘れてはいけません。

それを実現するために転職も選択肢に入ります。
プライベートなどの時間を確保できる職場へ転職すれば、QOLの向上を図ることも不可能ではありません。

忙しさで心身とも疲弊する前に、一度自分の生活を見つめ直し、転職を検討してみてはいかがでしょうか?

忙しくてそれどころじゃない…それは十分な医師の転職理由になりえる

しかし、忙しいと転職どころではなくなるでしょう。
特に多忙な診療科だと、転職を考える余裕すら少ないと言えます。
ところが、こうした「忙しいから」という理由であっても、十分な転職理由なのです。

医師が転職する理由は様々ですが、忙しいという理由で転職する方も少なくありません。
一般的に考えると、あまり良い転職理由とは言えないですが、医師に限れば十分な転職の動機であり理由となります。

「忙しいため、もっとゆとりを持つために転職したい」と思い始めたら、転職を考える格好のタイミングと言えるでしょう。

身近な人に相談するのも大切だが、転職エージェントにも頼ってみよう

転職は思い切った決断が重要ですが、自身の将来にも影響するため中々踏ん切りがつかないものです。
転職するべきか悩むことも珍しくないですが、悩んだらまずは誰かへ相談してみると良いでしょう。
最初に自分の家族や職場の信頼できる人物へ相談し、話し合ってみることが大切です。

相談しづらい時は転職エージェントに相談してみることもおすすめします。
転職エージェントは、転職におけるプロフェッショナルであり、様々なサポートやフォローを受けられます。

家族などへ相談することも重要ですが、踏ん切りがつかない時はエージェントに頼ってみましょう。

最適な転職先や転職のアドバイスを得られる

転職エージェントは、医師の転職の心強い味方となってくれます。
特に強みと言えるのが、転職に際しての適切なアドバイスを貰える点です。
転職をするべきか否かはもちろん、転職計画のプランニングも相談できます。

また、転職を決意した場合は自身の希望に沿った転職先を紹介してもらえます。
例えばQOLの向上や、家族との時間を確保したいのであれば、オンコールがない職場や夜勤・当直が少ない職場を紹介してもらえる場合があります。

そして転職エージェントは忙しい方でも利用しやすいのが利点です。
こちらのスケジュールに合わせてくれますので、時間が限られる方でも転職活動ができます。

現在時間にゆとりが無い方も、転職エージェントに相談してみる価値は十分にあると言えるでしょう。

QOL向上のために今までの経験が活きる他科に転科という選択肢もある

なお、QOLの向上を考えるのであれば、思い切って転科を決断してみてはいかがでしょうか?
転職の場合、診療科を変えず職場のみ変えるケースが多いですが、転科は全く違う診療科で働くこともあるのが大きな違いです。

ただし、転科する際は下記の3つに注意して転科先を選びましょう。

・知識や経験を活かせるか
・今と比べて業務はどう変わるか
・時間にどの程度の余裕が生まれるか

 

特に気を付けたいのは、今までの知識・経験を活かせるかどうかです。
時間のゆとりや業務量も重要ですが、経験などを活かせるかによって適正が変わります。
転科の場合は、転職以上に慎重な判断が求められます。

転職によってオンとオフを両立させる

医師は仕事に忙殺され、心身が疲弊する方も少なくありません。
プライベートや家族のことを考える余裕が奪われる場合もあります。
しかし医師の仕事を続けていくならば、自身が余裕を持って働けるようになるべきです。

オン・オフを両立させるならば、転職が最良の手段となります。
もしゆとりの無さを感じている方は、転職を検討してみると良いでしょう。

コメントは受け付けていません。