「いきる」医師として働く。医師の転職・働き方の見直し総合サイト

転職を考える医師はあなただけじゃない。医師が転職を考える理由とは

医師の転職は珍しくない

転職する医師は決して珍しいものではなく、今では一般的になっていますが、医師の転職を成功させるには明確な理由が必要です。

理由が曖昧なままで転職を行っても、結局失敗してしまう可能性が高いのです。
しかし、他の方はどのような理由で転職を行っているのでしょうか?

医師が転職を考える主な理由まとめ

医師が転職する理由は、大きく分けて下記の4つが挙げられます。

・QOLやライフスタイル変化によるもの
・職場や人間関係などの環境改善を目的としたもの
・キャリアやスキルアップ向上
・年収のアップ

 

実際の転職理由は人それぞれですが、いずれも明確な理由があります。
例えば働き方を変えたいと考えたり、キャリアアップしたいと考えるようになれば、転職も検討の余地があるでしょう。

QOL向上・また働き方を見直したい

医師の仕事はプライベートとの両立が難しい側面もあります。
例えばオンコールによる待機があると、休日も休むことができません。
診療科によっては時折夜勤なども発生するため、心身ともに疲弊する医師は少なくないのです。

そのため、QOLの向上を図る目的や、働き方を見直すために転職を決断する医師もいます。
最も多い理由と言えますが、転職先の職場や診療科選びは慎重に行う必要があります。

職場の環境や人間関係を改善したい

医師の人間関係は非常に複雑です。
患者やその家族だけでなく、従事するスタッフとのコミュニケーションも欠かせません。

しかし、職場環境は医療機関によって様変わりするため、人間関係で悩む医師が多いのも実情。
精神的な負担が増え、ストレスが溜まる要因にもなりかねません。

こうした環境や人間関係の改善のために、転職を考える方もいます。
人間関係に悩んだ時は、転職を検討してみるのも良いでしょう。

ただし、転職先の環境が良いとは限らないため、慎重に見極める必要があります。
転職エージェントを活用し、職場の情報などを教えてもらうのも良いでしょう。

キャリアアップを図りたい

キャリアップを目的として転職する医師もいます。
医師のキャリアプランは様々な選択肢がありますが、例えば開業医を視野に入れる場合、将来性のある診療科で経験を積むことも考えられます。

同時に様々な症例を通じてスキルアップも図れますので、将来独立を検討中なら転職も検討の余地があります。

他にも、院長など上のポジションを目指したい時や、大学医局で講師や教授を目指したい場合も転職を考えても良いでしょう。
上を目指すならスキルを身につけ、更に明確なキャリアプランを描く必要もありますが、将来を見据えるなら検討してみることをおすすめします。

年収を上げたい

医師の年収は病院の規模や診療科、地域など様々な理由で変わります。
中には激務の割に年収が低い職場もありますが、年収アップを目指すなら転職が選択肢に入るでしょう。

年収を上げるために転職を決断する方も少なくありません。
現在の職場で働き続けるよりも、年収をアップできるケースが多いのです。

ただし、年収の高い診療科はプライベートとの両立が難しい場合もあります。
年収とQOLのバランスをどうするか考慮し、転職先や診療科を選びましょう。
今よりどのくらい年収を上げたいかも考えることが重要です。

転職理由を一度考えてから決断を

医師が転職を決断する理由は個々のケースにより異なります。
しかし、どのような場合にしても、明確な理由無くして転職をすることは危険です。

ご自身の将来に関わりますので、理由を明確にしてから転職を決意しましょう。
後で後悔することが無いよう、なぜ転職したいのか考えてみることをおすすめします。

コメントは受け付けていません。