「いきる」医師として働く。医師の転職・働き方の見直し総合サイト

医師である前に、あなたは一人の人です。疲れた医師へのアドバイス

プレッシャーの強い医師の仕事は考えが凝り固まりやすい

医師の仕事には責任感が求められます。
医療事故はあってはなりませんし、医療ミスに関しても、些細なことが患者の生活に多大な影響を及ぼしてしまう危険があります。

そのため、医師は常にプレッシャーにさらされていると言っても過言ではありません。

一方で、プレッシャーが強いからこそ考えが凝り固まりやすい、というリスクも潜んでいます。
仕事に対しての責任感とプレッシャーに苛まれ、考え方が偏ってしまう医師も決して少なくないのです。

いつかプレッシャーに押し潰される危険も

そのまま仕事を続けていると、いつしかプレッシャーなどに押し潰されてしまう可能性もあります。
限界を迎えてしまうと、心身ともに疲弊して仕事どころではなくなる場合もあるでしょう。

そうなる前に、自分は医師であるとともに、一人の人間であることを意識しないといけません。

仕事に疲れた医師は、「こうあるべき」という考えを捨てよう

もし医師の仕事に疲れてしまったら、一度リセットが必要になるでしょう。

「自分はこうでないといけない」という考えを捨て去ることも必要です。
プレッシャーや責任感が重くのしかかり、常に極限状態に置かれているのが医師です。

しかし、その期間が長くなるほどストレスが蓄積し、自分自身が壊れてしまう危険があります。
凝り固まってしまった考えを捨て、逆に「今後どうするべきか」を考えることが重要です。

現状を見直すチャンスにもなる

また、医師の仕事に疲れを感じてきた時は、現状を見直す格好の機会でもあります。
「本当にこのままで良いのか」と不安を抱く医師も少なくありませんが、このような時こそ現状を見つめ直し、変えてみるのも一つの手段です。

いったん立ち止まり、置かれている状況を見直すことで、自身にとって良い結果をもたらすチャンスとなります。

一人で悩まず身近な人間や医師コンサルタントに相談しよう

医師の仕事は特殊ですので、一人で悩んでしまう方も少なくありません。
しかし、一人で悩んでも解決策が出てこない場合もありますし、ずっと悩み続けることになる危険もあります。
仕事のことで悩んだ時は、まずは家族や親しい友人など、身近な相手へ相談してみると良いでしょう。

もし最適な相談相手がいない場合は、医師のコンサルタントに相談してみることをおすすめします。
親身になって話を聞いてくれますし、現状を分析して最適なアドバイスをもらえます。
話を聞いてもらうだけでも負担が和らぐでしょう。

いずれにしても、一人で悩み続けることは危険です。
身近な人や医師コンサルへ相談し、現状を変えるためのきっかけやアドバイスをもらうことが重要です。

じっくり今後を考えてみよう

医師の仕事に疲れた時こそ今後のことについて考えてみましょう。
ただし、早急に答えを出してはいけません。

自分にとって何が必要で何が良いのかを、ゆっくりと考えて最良の答えを見つけることが大切です。

コメントは受け付けていません。